無料ブログはココログ

« 男の明太きのこクリームパスタ | トップページ | 明太子とコレステロール »

2012年10月 5日 (金)

「たらこ」と明太子の違い

こんにちはhappy01

よくお客様から聞かれる質問です。

「たらこ」と「明太子」。もとは同じものです。
「たらこ」と「明太子」の原料は、北海道近海や朝鮮半島東岸、ベーリング海、アラスカ湾、ロシア海域など北海に生息するタラ科の魚・スケトウダラの卵巣です。

スケトウダラの卵(原卵)は、肌色に近い赤黄色をしています。
これを塩漬けにしたものが「たらこ」です。
ここで出来上がった「たらこ」をさらに、極上昆布の出し汁と日本酒、みりん、唐辛子で調合した独特の調味液に漬け込んだものが「辛子明太子」となります。

では、どうして「明太子」といわれるようになったのでしょう。
韓国ではスケトウダラのことを明太(ミョンテ)と呼んで、乾燥魚や塩辛にして食べてきました。
この韓国の調理法を日本流にアレンジし、日本人の味覚に合うように作った辛子漬けのものを「辛子明太子」、塩漬けにしたものを「明太子」と西日本では呼んでいます。
東日本の方にとっては「たらこ」の方がなじみが深いかもしれませんね。


以上
ちょっとした豆知識です。ご参考までにsmile

« 男の明太きのこクリームパスタ | トップページ | 明太子とコレステロール »

明太子豆知識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572193/55818539

この記事へのトラックバック一覧です: 「たらこ」と明太子の違い:

« 男の明太きのこクリームパスタ | トップページ | 明太子とコレステロール »